お知らせ

ご予約・お問い合せは078-918-2511
    

井筒歯科クリニックは
JR・山陽明石駅前、ピオレ明石南館2Fにあります。
アクセス&診療時間はこちら

〒673-0891
明石市大明石町1-1-23
ピオレ明石南館2F

インプラント治療

インプラント治療とは?

インプラント治療は歯が抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上にかぶせ物を取り付ける治療法です。(1960年にスイスのブローネマルク博士によって臨床応用開始)
歯がなくなった場所に歯を再現できる唯一の治療法であり、ブリッジ、入れ歯などに比べ、多くのメリットがあります。
現在では技術もかなり進歩し、見た目もかみ心地も、天然の歯とほとんど変わらないインプラント治療が可能になりました。
当院でも、きちんとしたメインテナンス、清掃を継続することでほとんどのケースにおいて長期的に安定した結果を得ており、多くの患者さんが満足されています。
当院のインプラント治療は歯科医師のための各種臨床雑誌にも多数掲載されており、高い評価を受けております。

従来の治療法の場合

ブリッジ

両隣の歯を削ってかぶせを入れる方法です。

【問題点】

  • 両隣の歯をかなり削るため、ダメージが大きい。
  • 形が複雑で清掃性が悪いので、再び虫歯になりやすい。
  • 歯がない部分の咬む力を、両隣の歯が負担するため、両隣の歯がダメージを受ける。

取り外し式入れ歯

金属の止め具のついた入れ歯を隣の歯にを引っかける方法です。

【問題点】

  • 隣の歯が止め具によって揺すられるため、ダメージを受ける。
  • 止め具の見た目が良くない。
  • 取り外しが面倒。

井筒歯科クリニックのインプラント治療の特徴

できるだけ小範囲の外科処置でインプラントを埋入するため、腫れ・痛みが少ないです。

抜歯後早期埋入(抜歯後、比較的早くに行うインプラント埋入)を行うことが多いため、
 
治療期間が短いです。

抜歯した跡が治りきる前にインプラントを埋入することになるため、あごの骨や歯肉の治癒形態を予測してインプラントを埋入する必要があり、専門的な知識と技術を要します。

通常のインプラント治療

抜歯後早期埋入の場合

※骨の状態によっては、抜歯後十分な治癒を待ってから、インプラント埋入を行った方がよい場合もあります。

インプラント治療例

上の前から2番目の歯が先天的に欠如している患者さんに、矯正治療で歯並びを治した後、インプラント治療を行いました。

虫歯でぼろぼろになった根っこを抜いてインプラントを入れました。

ボロボロになってしまったお口の中を、複数のインプラント・セラミックのかぶせ物を用いて立て直しました。

インプラントQ&A

インプラント治療は何歳まで受けられますか?

特に制限はありません。1時間くらいの外科処置に耐えうる方なら何歳でも可能と考えています。
食べたいものをおいしく食べることは、高齢者のにとってとても大切なです。それを取り戻すために、インプラント治療は非常に有効な治療法だと考えています。また、入れ歯が外れて困っているような方には、入れ歯を外れにくくするようにインプラントを使用することもでき、その場合、通常に比べてコストも低くなります。
当院でも80歳以上の方が何人もインプラント治療を受けられ、多くの方が満足されています。

インプラント治療は何歳から受けられますか?

インプラント治療は、あごの骨の成長がほぼ完了する20歳前後から可能と言われています。

インプラント治療が受けられないのは、どういった場合ですか?

ほとんどの方が可能です。歯周病などであごの骨が少々無くなってしまった患者さんでも、骨のボリュームを増やす各種再生技術を併用することでインプラント治療は可能になりますし、出血傾向が高くなる薬剤を服用中の患者でも、休薬することなく施述できることが多いです。
骨粗しょう症や癌治療のために用いられるビスフォスフォネート系の薬剤を服用されている患者さんが増えていますが、その場合は、数ヶ月の休薬が必要で、その後も注意を要します。

手術後、腫れや痛みはありますか?

術前にしっかりと局所麻酔を行うため、手術時の痛みはほとんどありません。術後の腫れ・痛みに関しても、当院では比較的小さな範囲の外科処置でインプラントを埋入するため、少ない場合が多いですが、中には少々腫れたり、痛んだりすることもあります。

治療期間はどのくらいかかりますか?

インプラントを埋入してから、インプラントとあごの骨が結合する期間を待ち、上のかぶせ物を作り始めます。
抜歯して時間が経っている場合、インプラントと骨が結合するまでに下あごで1ヶ月半、上あごでは2ヶ月ほどかかり、その後かぶせ物を作るのに半月~1ヶ月ほどかかります。
抜歯と同時にインプラントを埋入する場合や、抜歯後すぐにインプラントを埋入する場合は、インプラントとあごの骨が結合するまでに時間を要するため、治療期間はもう少し長くなります。

インプラントはどれくらいもちますか?

10年間はがんばってもたせて、その後は15年、20年とインプラントの寿命を延ばすことができれば、と思います。インプラントの生みの親であるスイスのブローネマルク博士が初めて臨床応用したインプラントは、その患者様がお亡くなりになるまで41年間、問題なく機能し続けました。このことは、「よい環境が続けば、かなり長期にわたってインプラントがもつ」ことを示しています。
インプラントは虫歯になることはありませんが、周囲が不潔になったり、かむ力がかかりすぎたりすると、歯周病のようにインプラント周囲のあごの骨が吸収してしまいます。上に装着しているかぶせ物が壊れることもあります。少しでも長くもたせるためには、日々の患者様自身によるきちんとしたホームケアと、歯科医院での定期的なメンテナンスが欠かせません。

ページTOPに戻る